Page 4 of 5

動画作成、スタビライザー使ったら、全然ちがう!

スマホ動画に役立つもので紹介したスタビライザーを掘り下げてみたいと思います。

動画作成で大切なのは、少しでも画像がぶれないことです。カメラを三脚に固定した状態で撮影できる場合はいいですが、「動きながら撮影したい」「迫力ある映像を撮影したい」という人には、特にお勧めです。スマホで気楽に動画を撮っている人でしたら、スタビライザーを導入することで、動画の質が格段にアップしますよ。

普通の三脚を購入するにしても、結構お値段ははります。スタビライザーは種類にもよりますが、三脚の代わりになるものもあります。

一台何役の役割をしてくれるのです。
代表的なものとしてDJI社製のOSMO MOBILE2とZhiyunのSmooth4とSNOPPAのATOMの3つをご紹介します。

○ ATOM
SNOPPAのATOMは値段がだいたい15,800円くらいです。(Amazon調べ)今回ご紹介する前でしたら価格も他の2つと比べると安いというメリットがあったのですが…

ATOMを購入される場合は値段のチェックをもう一度されることをおすすめします。
特徴は折りたたみ式になっていてコンパクトであるということです。

さらに440gと軽量なので持ち運びも楽ですし、片手で持って撮影しても疲れにくいのがポイントです。

せっかく手軽にスマホで撮影しているのにスタビライザーという荷物を増やしてしまって、かさばるのが嫌という方にも納得していただける大きさではないでしょうか。

他の2つに比べて折り畳めるということが最大のメリットだと思います。

○ Smooth4

ZhiyunのSmooth4は値段も15,800円くらいです。(Amazon調べ)本体の重さは500g,ATOMより少し重いぐらいです。大きさはやっぱり少しかさばる感じです。

この商品は最初から三脚もセットされています。動きもスムーズで、被写体追尾機能もついているということでした。

ズームもスタビライザー本体のハンドルで操作可能です。ただし専用アプリを入れないとだめです。これは今回紹介するスタビライザー全部に言えることです。

アプリを入れないで使用することも可能ですが、スマホの画面をタッチして操作することになるので面倒だと思います。

スタビライザーをしようするばあいは専用アプリを利用しないと、折角の機能が発揮できませんので注意してください。ですからスタビライザーの会社のアプリの評判も大切です。

価格の安いものも存在しますが、アプリが稚拙だったりします。機能面だけで選ばずに総合力を判断する必要がありますね。
Smooth4のアプリは問題なさそうです。

○ OSMO MOBILE2

DJIはドローンを作っている会社で有名です。ドローンで培ったジンバル機能を、スタビライザーでも発揮しているようです。

値段は12,960円(Amazon調べ)です。
価格面では少し他より安い感じです。OSMO MOBILEはひとつまえの型なのですが、18,000円前後で売られています。

性能も価格もOSMO MOBILE2のほうがいいのでまちがえないようにしましょう。

OSMO MOBILEとSmooth4は重さと大きさは似たり寄ったりです。ちょっとSmooth4と比べるとプラスチック感が強いかもしれません。
性能的にも、Smooth4と比較して劣っているところもない感じです。アプリもDJIのものは撮った映像を自動編集してくれる機能とかもついています。

またDJIのドローンとかをすでにお持ちの方とかだったら、ドローンの画像とスタビライザーを使ったスマホの映像を一緒に編集できたりとメーカを揃えておくと便利なことも出てきます。

コンパクトさではATOM,値段面でOSMO MOBILE2,総合面でSmooth4といったところでしょうか。この3つの中から選んだら問題はないと思います。

ステップアップしよう! スマホの動画作成に役立つもの

スマホで動画を撮影するにあたって、あったら便利なもの、役立つもののご紹介です。

○ ハンドグリップ
○ 三脚
○ 自撮り棒
○ スタビライザー
○ カメラリモコン
○ 外部マイク
○ スマホレンズ
○ 自撮りライト

以上のものがあれば、撮影が楽になるでしょう。なかったらなかったですむけど、あれば便利なものばかりです。

ハンドグリップ、三脚、自撮り棒、スタビライザーは、同じカテゴリーのツールです。

どれもスマホに取り付け、スマホをじかに持って撮影するより安定し、画像を安定させてくれるものです。ハンドグリップ、三脚、自撮り棒、スタビライザーとそれぞれ別物として売られていますが、この4種類全部をカバーしてくれるのがスタビライザーです。

スタビライザーとはスマホで撮影するときに安定しやすいようにするハンドグリップの役目も果たしてくれますし、三脚、自撮り棒の役目もこなしてくれます。それプラス軽く走ったぐらいの揺れでしたら、ブレを吸収してなめらかな映像にしてくれるものです。

動画にとってブレは最大の敵です。このブレを取り除いてくれるスタビライザーは買って損はないと思います。

これがあるのとないのとでは大違いです。値段は5,000円くらいから20,000円くらいまでの価格です。動画のグレードを上げたかったら導入を考えてみてください。

後ほど、スタビライザーだけを取り扱った記事で、具体的な商品も紹介さしていただきます。

続いてカメラリモコンです。ブルートゥースでつないで離れたところから、シャッターが切れます。これもあったら便利なものです。

外部マイクは、内臓のマイクでも録音は可能ですが、内蔵マイクでは音声を拾えないときでも、外付けマイクだとより鮮明に音声を拾うことが可能になります。旅行先の楽しい会話なんかとっておくのに最適です。

スマホレンズは、スマホにクリップみたいな感じで取付可能なレンズのことです。価格帯はピンからキリまであって、レンズの種類も広角レンズ、魚眼レンズ、接写レンズ、さまざまなものが用意されています。これも持っていると、一味違う映像が撮れるようになるので是非取り入れたもらいたいツールの一つです。

価格が安いものでも、魚眼レンズなどはスマホでは出せない味が出せますのでおすすめですよ。

あと、結構自撮りされる方は、ライトが当たるのと無いのとでは、写りが全然変わってきます。女性youtuberの方たちは結構利用されていると聞きます。

自撮りライトも自分をきれいに撮りたい方などにとっては必須アイテムになります。

これらの商品はあれば、ただスマホで撮影していたときよりも、ちょっとステップアップした映像が撮れるようになります。機材を揃えていく喜びもありますし、安いものだったらこれは使えるかな〜と100円均一などで物色するのも楽しいものですよ。安物買いの銭失いになるかもしれません。やっぱり値段の張るものは優秀なものが多いですけど…

やっぱり違う!有料動画編集アプリ紹介します!

無料の動画編集アプリでも充分と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、やっぱり「ウオーターマーク(透かし)」で企業ロゴとか入ってしまうと動画の世界観とかが崩れてしまうとお考えの方とか、企業のイメージビデオにそんなん物が入ったら困る方とかは、有料でもウオーターマークのないものを選びたいと思われる方も多いと思います。

有料アプリといってもパソコンの動画編集ソフトなどと比較したらお安くなっています。
そんな方には、有料の動画編集アプリをご紹介します。まずはiPhone用のアプリから

○ Cute Cut Pro

特徴としては動画に直接絵を書いたりテキストを入れられる動画加工アプリです。女子高生や女子大生に人気です。価格は720円になっています。

○ LumaFusion

特徴は多彩なワイプやサウンドエフェクトが揃った、プロ仕様のビデオ編集アプリで、動画書き出しの速度も早いとのことです。価格は少しお高くて3,600円となっております。

○ MoviePro:Video Recorder

このアプリは撮影時のフォーカスや露出なども細かく調整できる多機能なビデオ撮影アプリとなっております。
このアプリは社会人やファミリー層の男性スマホユーザーから人気を集めています。価格は720円です。

○ VivaVideo Pro-HD全機能動画編集アプリ

特殊効果エフェクトやビデオ加工ができる動画編集アプリです。このアプリは20代の女性に人気があります。価格は360円です。

○ FilmStory Pro-ムービー作成&動画編集&動画

結婚式のムービー作成にも!写真と動画を選択するだけで、スマホでカンタンに動画作成できるアプリとなっています。

また書き出し後に再編集ができる点も喜ばれています。
価格は480円です。

次がアンドロイド用です。

○ AndroVid Pro-ビデオエディタ

オーディオからテキスト挿入、カット割りまでできるビデオ編集アプリです。

1秒未満の編集ができないのが残念との声が多いです。細かい動画編集をしない人は満足度の高いアプリとなっています。価格は299円です。

○ 動画エディタ ーHD,オールインワン

高速トリミングや回転などもできるし、かわいいデコもできる動画編集アプリです。1080p動画エクスポートに対応、限定マテリアル、4K動画に対応、透かしを排除、最大20のエフェクトを追加されています。価格は2,240円です

○ VivaVideo PRO:ビデオエディタ&動画編集アプリ

特殊効果エフェクトやビデオ加工ができる動画編集アプリです。iMovieとほぼ同様な編集ができるようです。

iMovieを使い慣れた方がアンドロイドに切り替えたときなどはすごく便利だということです。価格は370円です。

以上が有料アプリのランキング上位になる動画編集アプリになります。

有料アプリのほうがテンプレートは豊富であったり、扱いがカンタンであったりするところが違いになってくるでしょうか。

スマホで撮影し、スマホで動画編集する場合は無料アプリから、もっと高度なことをしたくなったらパソコンの動画編集に挑戦してみるのもいいかもしれませんよ。

無料動画編集アプリでも充分!

この章では動画初心者が、スマホで撮影したものをスマホ内で編集することを基本としています。高度な編集をしたい人は、やっぱりパソコンの編集ソフトを利用してくださいね。

あと無料動画アプリのマイナス面を挙げると編集した動画に「ウオーターマーク(透かし)」が入ってしまうものが多いです。

無料の代わりに編集アプリの宣伝にウオーターマークが入ってしまうことが多いです。

個人的に利用する場合は気にしなければ問題ありませんが、企業として公開するのであれば考えないといけない問題ですね。

こういったことを踏まえてどんな無料動画編集アプリがあるかみていきましょう。

○ Adobe Premiere Clip

Adobeの動画編集アプリです。iOS,Andoroid、両方対応しています。パソコンの編集ソフトAdobe Premiere Proを使ったことのある人なら、Adobeは難しいじゃないかと思う方多いと思います。でもこのアプリはカメラロールから動画を読み込み、サウンドトラックを選ぶだけで動画を自動に作ってくれる機能もあります。自分自身で編集することももちろんできます。
Adobe Premiere Clipのいいところは他のAdobe製品との連携もでき、パソコンで更に高度な動画を作成することもできます。

○ Adobe Spark Video

このアプリもAdobeのもので、iOS専用の無料スライドショー作成アプリです。これもカメラロールから読み込んだ写真、動画に文字やBGM,ナレーションなどを入れることができます。
ナレーションはスマホで録音していれることができるので製品の説明、使用方法紹介する映像に使えるでしょう。

○ InShot 
InShotはInstagramとの連携に特化した動画編集アプリです。編集、テキスト、絵文字、BGMの挿入も可能となっています。Instagramとの相性がバッチリの動画編集アプリです。

○ iMovie
iMovieはmacのosで標準装備されている動画編集ソフトです。スマホでもiPhoneで利用できます。タッチ操作しかできないのがスマホの無料動画アプリの弱点ですが、タッチ操作だけで本格的な動画編集が楽しめます。

動画との間をなめらかにつなぎ合わせるトランジッションやナレーションも挿入できます。

テロップに関しては好きな位置に配置しづらいなど難点があるかもしれません。でもiPhoneユーザーには強い味方になってくれます。

○ Clips

ClipsもAppleから出ている動画編集アプリですが、スマホ用にできているので、スマホでお手軽に動画編集したい人向けです。

動画を録画中に音声を自動認識し、キャプションとして動画上に表示することができます。

○ Quik

QuikはアクションカメラのGoProから出ている動画編集アプリです。iOSとAndroid両対応です。

このアプリもカンタンに動画を作ることができます。選んだ音楽に合わせて自動で動画を編集してくれます。

用意されたテンプレートにそって編集するので、自由に作れるという感じではありません。活動的なイメージビデオを作りたい方には向いています。

○ FilmooraGo

FilmooraGoはパソコンの動画編集ソフトとして定評のあるFilmooraのアプリ版です。

このアプリの特徴はカンタンにテンプレートを使って動画を作ることができます。

またアプリ内には多くのタイトル、フィルターやエフェクトを購入することができ、バリエーションが豊富です。

カンタンにおしゃれな画像が作れると評判です。

まだまだたくさんの無料動画編集アプリがあります。ここで紹介できなかったアプリでも素晴らしいものがあります。そういったものを使って技術を磨いていきましょう。